大事なのは自己分析

相手に伝わる志望動機の書き方

志望動機が思いつかないからといって、無難なことを書いてしまえば当然面接官の心には響かず、相手に好印象を与えるのは難しいでしょう。志望動機は、「どれだけその会社で仕事をしたいのか」という熱意を表現しなくてはなりません。

そのためにまずやるべきことは、自分の特性を志望企業と照らし合わせるということです。自分と志望企業にはどれだけ共通点があるのかを相手に伝えるのです。このためにはまず、自分がなぜその仕事をやりたいのかを考え直す必要があります。端的にいうと、なぜその仕事でなくてはならないのかという問いの答えを考えるのです。これをはっきりさせておくことで、自分の仕事に対する思いを明確にすることができ、これを志望企業と照らし合わせて志望動機を考えていくことができます。

また、自分がどれだけ志望企業に貢献できるかを一度文章で書き出してみるということも効果的です。面接官が得たい情報は、その会社で本当に仕事がしたいのかということと、仕事で能力を発揮できるのかという点です。これらは雇う側からすると最も大切なポイントです。ですから、これまで自分がどう活動してきたのかや、ぶつかった障害やそれに対処した方法、それをどうやって志望企業に活用するのかを説明することで、相手に熱意が伝わりやすくなります。

就活の面接は非常に緊張するものであり、誰もが通る道です。面接に挑むまでは、自分は自分自身のプロデューサーのようなものなのです。相手に自分を売り込むために、自身のいいところをしっかり見つけ出してプロデュースして、しっかりアピールしていきましょう。