大事なのは自己分析

就職活動に対して思うこと

日本では、一般的に大学3年生の終盤以降から就活の準備が始まります。大学生は本来学業に専念すべきだという意見も多く、徐々に解禁時期がずらされています。しかし、大学4年生が実質的にダークスーツに身を包んで就職活動に集中していることは間違いないようです。これが日本の大学生の学力レベルの低さの一因になっていると指摘する専門家も少なくありません。

学生が本来、勉強や研究に集中すべき大切な時期を就職活動に費やすことは果たして正しいのでしょうか。一度社会に出てしまえば、日々専門的な勉強に明け暮れることは難しくなります。安易に貴重な学問の時間を、就職活動にすり替えてしまうのは、なにか違和感を感じます。学校がいつの間にか就職予備校のような存在になっているといっても過言ではありません。

しかし、大学別の就職率が発表され、それが入学希望者に影響を与えていることも否めません。少子化が進む中、卒業生の就職率アップは大学の経営面から見ると重要なファクターの一つといえるでしょう。しかし、ようやく就職した会社が本当に期待通りだったかどうかは、後にならないとわからないものです。現に、入社後3年以内に離職する割合は30%を越しています。およそ3人に1人は就職した会社を3年以内に辞めているのです。就活の一環で志望する企業に関するあらゆる役立ち情報を収集しているはずです。にも拘らず、入社後3年以内に3分の1が離職する原因はどこにあるのでしょう。

考えられるのは、就職活動の際に表面的な企業情報だけを重視する傾向が見られることです。また、就職先を探す前に自分の性格についてもよく分析することが大切です。自分の性格がその企業にあっているかどうかをきちんと客観的に捉えることで、将来が大きく左右されます。就職活動にかけた労力を無駄にしないためにも、自分にマッチした企業を慎重に探し当てましょう。